睡眠時無呼吸症候群(SAS)で多い症状

sas symptom

  • HOME>
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)で多い症状

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、就寝中に10秒以上の呼吸停止がある状態です。これが頻繁に起こると、睡眠の質が低下し、日中に眠気を感じたり、日常生活に支障をきたすことがあります。閉塞型、中枢型、混合型の3つのタイプがあり、閉塞型が最も一般的で、肥満と関連していますが、肥満でなくても発症することがあります。

症状には、目覚める回数の増加、苦しみを伴う夢、起床時のだるさやむくみ、うつ症状、性機能障害、幻覚、性格の変化などがあります。家族がいびきや異変に気づくこともありますが、日中の眠気などがあれば、早めに医師に相談することが重要です。

睡眠時無呼吸症候群の症状

寝ている間の症状

寝ている間の主な症状は次の通りです。

  • 睡眠中に鼻や口から大きな音でいびきをかく
  • 睡眠中に一時的に呼吸が停止する
  • 浅い呼吸や間欠的な呼吸などの乱れ
  • 息苦しさを感じる
  • 睡眠中に気道が閉塞し、むせる
  • 睡眠中に何度も目が覚る
起きた時の症状

起きた時の主な症状は次の通りです。

  • 口が渇いている
  • 頭がズキズキする
  • 熟睡感がない
  • すっきり起きられない
  • 身体が重いと感じる
  • 強い眠気
日中に起こる症状

日中に起こる主な症状は次の通りです。

  • 昼間に強い眠気がある
  • だるさや倦怠感がある
  • 日中に集中力が低下し、集中力が続かない
  • 運動能力の低下
  • イライラやストレス感が増す
  • 事故や怪我のリスクが高まる

気になる症状がある方はご相談ください

気になる症状がある方はご相談ください

「激しいいびき」と「昼間の猛烈な眠気」やその他の上記のような症状は、睡眠時無呼吸症候群の典型的な症状です。これらの症状が続いている場合は、専門の医療機関での検査と治療を受けることをお勧めします。

また、早い段階で治療を開始すれば、いびきや眠気の症状が改善され、体調が向上することが期待できます。しかし、放置すると症状が悪化し、重篤な合併症を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

健康な心身を維持し、充実した日々を送るためにも、睡眠障害に早めに対処することが重要ですので気になることがありましたら太子町のソラーレクリニック太子へご相談ください。

ソラーレクリニック太子
アレルギー専門サイト 監修:ソラーレクリニック太子
病院なび
デジスマ診療
覚悟の瞬間
エコノミスト
Instagram
medical Doc
睡眠時無呼吸症候群と 生活習慣病の関連性

079-276-8086

079-276-8086

デジスマ

デジスマ診療

LINE友だち追加

LINE友だち追加

お問い合わせ

お問い合わせ

share

instagram
youtube